企業の保険~日々のコンサルティングから~
企業保険を中心に、保険の役割や必要性などを再発見できる情報を取り上げてゆきます。 保険代理店 インスイレヴン株式会社より発信します。
プロフィール

INS11

Author:INS11
保険代理店 インスイレヴン のブロクへようこそ
ブロク担当のsawanoです。
弊社プログにアクセスいただきありがとうございます。

インスイレヴン株式会社
〒110-0005 
台東区上野3-14-5 ヴェルコ黒門4F
■保険ご依頼やご意見お問い合わせはこちらまで
TEL 03-3836-3600
FAX 03-3836-3770
インス イレヴン株式会社

月カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本日の日付

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 弊社からご契約されるメリット2
弊社がお客様へ提供できるサービスについて再び考えてみました。

現在の保険の購入は、ダイレクトメール、電話セールス、飛び込み営業、通信販売、銀行窓販、チェーン展開している保険ショップ、地元の保険代理店、自動車ディーラー、知人の紹介、HPで探す、現在取引している代理店や保険セールスマンから加入 等々があります。

弊社は、その地域に密着した複数の保険会社を取り扱う中規模の代理店ではないかと考えています。
そして次の点を大切にしています。
①担当者と長い付き合いができるので、お客様の会社の実情、家族の実情などを知ることができ、お客様に合った保険提案をすることができる。内容変更の際にも、実情を考慮できる。顧問医、顧問弁護士のように。
②担当者が変っても引き継ぎが行い易い。
③一分野の提案に偏らず、総合的全体的見地から提案をする。
④一社の保険会社の商品に偏らず、お客様の希望・実情を考慮した提案をする。

通信販売、銀行窓販、チェーン展開している保険ショップ、自動車ディーラーなどでは、販売形態が組織化されているように思われますが、上記のような総合的な顧問医、顧問弁護士のような対応では、弊社が有利と考えております。
・一分野の提案に偏らず、総合的全体的見地から提案ができる。

ただ、陥りやすい欠点として、こちらの思い込みによって新しい提案をしなかったり、間違った実情把握のまま提案を続けたりする危険もあります。

長いお取引をしていただける保険代理店を目指して、お客様のご要望をくみ取り、今後も改善を続けてまいります。
よろしくお願い申し上げます。
(2012.10.11 sawano)

スポンサーサイト
弊社からご契約されるメリットは
今年初めてのブログです。
昨年は、誰も予想も想定もしてなかった大震災が起き、日本にとって大きな転換点になった年でした。
今年はどんな年となるのでしょうか。
怖いような気もします。でも自分にできることは、今の現在の仕事であり家庭でありそれを大切に前向きに進むことしかないと考えています。

保険代理店業務を20数年おこなってきて、保険の販売チャネルも大きく変わってきました。
昭和60年代や平成当初は、保険は、保険のおばちゃん、町の代理店、自動車ディーラー、自動車修理工場などから加入するものでした。保険商品も保険会社による違いはほとんどないものでした。

それが、1996年(平成8年)の保険業法の改正からはじまる規制緩和・自由化の動きのなか、保険料率の自由化、保険会社による独自商品化が図られました。
販売チャネルも多様化し、通信販売会社も参入し、銀行も取扱いを開始し、また保険代理店も全国展開する来店型代理店も増えてきました。

そのような業界の変化の中で、弊社のような地域に密着した、複数の保険会社を取り扱う中規模の代理店は、お客様に与えることのできるメリットは何んなのでしょうか。

弊社がお客様に与えることのメリットを考えてみました。
・担当者と長い付き合いができるので、お客様の会社の実情、家族の実情などを知ることができ、お客様に合った保険提案をすることができる。内容変更の際にも、実情を考慮できる。顧問医、顧問弁護士のように。
担当者が変っても引き継ぎが行い易い。
・一分野の提案に偏らず、総合的全体的見地から提案ができる。
・一社の保険会社の商品に偏らず、お客様の希望・実情を考慮した提案ができる。
などがまず思い浮かびます。
これらは、保険代理店の存在意義の基本でもあります。そう考えると弊社のような代理店が一番存在意義に近い形ではないかと思えます。
デメリットは、こちらの思い込みによって新しい提案をしなかったり、間違った実情把握のまま提案を続けたりする危険もあります。

今年も、メリット・デメリットそれぞれを自覚し、お客様のお叱りも受け、より改善できるよう自助努力をおこない、他の販売チャネルに負けないお客様サービスに努めることができればと思います。
今年も宜しくお願い申し上げます。
(2012.1.13 sawano)

保険代理店の業務
弊社では、保険代理店の業務について説明する会社案内を作りました。
A4判1枚の簡単なものですが、それに添って説明すると、保険の説明やお客様の情報収集がスムーズに行くことが多く有ることに気づきます。

保険代理店というと、シツコク保険の勧誘するだけの存在のように感じておられる方も多いように思われています。事故が有ったときや、変更手続きもしっかりやってくれるのかと思っていらっしゃることも有るように思われます。

次の4つの内容に集約し記載しました。
①損害保険・生命保険の契約業務、募集業務
②事故の受付と保険金支払までのサポート
③保険契約の更新・見直し、契約内容の変更手続き
④保険相談や情報提供、契約内容の整理などより良い契約の為のサポート業務
(業務の詳細は別の機会にご案内できればと思います。)

会社案内では、取扱保険会社、主な取扱商品、弊社理念なども記載してありますが、上記業務などを文章にして目に見えるようにし案内するとお客様が安心されるのか、会話がスムーズになります。
自分たちでは当然と思っていることもお客さまには認識されていないことも多く有ることに、まだまだ営業努力が足りないことを感じます。
(2011.6.28 sawano)


保険代理店選び
このような相談を受けました。
「知り合いが個人的に生命保険を契約している営業の方から話を聞いてみたが、あまり事業用の保険には詳しくないようで迷っていると」
「火災保険とPL保険の内容を相談しようと思って保険会社の窓口に直接訪問したら、代理店を紹介された。保険会社は直接契約してくれないのか」
のお話も聞きます。

一部の通信販売保険会社を除いて、保険業界は、保険会社は、商品開発・保険金支払い業務等を中心におこない、代理店や募集人は、保険の直接営業業務を中心に行うことと、分けられて成り立っています。そのため保険会社の窓口に直接訪問しても代理店を紹介されることになります。
事業用の保険は、経営者や従業員への保険の一部を除いて、損害保険会社の取り扱う商品が多くなります。会社の経営に対する広い理解や法律的な知識も必要となります。複数社を取り扱っている、弊社のような専業の代理店では、保険会社の特徴も理解していますので事業用保険を選択するには適していると、手前みそですが思っております。

また、特に保険は目に見えない商品ですから、契約後の保全・メンテナンス(見直し)・事故対応等が大切になります。これが足りないと最悪の場合、保険が使えると思っていたのに使えないなどの事態にもなったりします。
このような事態が無いように弊社は努めております。

弊社のホームページも事業用・企業用保険を選んでいただき易くするためリニューアルいたしました。
弊社にお声かけいただければ大変光栄です。
(2010.10.20 sawano)



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。