企業の保険~日々のコンサルティングから~
企業保険を中心に、保険の役割や必要性などを再発見できる情報を取り上げてゆきます。 保険代理店 インスイレヴン株式会社より発信します。
プロフィール

INS11

Author:INS11
保険代理店 インスイレヴン のブロクへようこそ
ブロク担当のsawanoです。
弊社プログにアクセスいただきありがとうございます。

インスイレヴン株式会社
〒110-0005 
台東区上野3-14-5 ヴェルコ黒門4F
■保険ご依頼やご意見お問い合わせはこちらまで
TEL 03-3836-3600
FAX 03-3836-3770
インス イレヴン株式会社

月カレンダー

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本日の日付

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セカンドオピニオンで‘肺がん’が‘肺炎’でありこと判明
ある雑誌を読んでいて、セカンドオピニオンで‘肺がん’が‘肺炎’でありこと判明したとありました。
こんなことが実際あるのかと当初疑いました。
また、胃がんの術後5年も経過しているのにほとんど食事が取れなくて、日常生活にも支障をきたしている人の話も聞いたことがあります。この原因はわかりませんがご家族は手術の失敗が原因ではないかと思っていらっしゃいます。

セカンドオピニオンとは、直訳すれば第二の意見ということです。具体的には、診断や治療方針について主治医以外の医師の意見をいいます。
『手術すすめられたけど・・・主治医の意見のままで良いのか、他の専門医の意見も聞けたら良いのに』このように思うのは当然のことです。
でもセカンドオピニオンが日本ではまだまだ一般的ではないため『主治医に失礼になるのでは』等々も思いも先に立ちます。この点に関してはインフォームド・コンセント(説明と同意)という考え方が医師の間でも一般的になってきているようですし、また、セカンドオピニオンを受ける場合の紹介状や検査データの提供に関しては、‘診療報酬(500点)’が認められているとのことでしたので、主治医に失礼になるのではとの思いはほとんど杞憂に終わるようです。
現在の治療方法に不安があれば、積極的にセカンドオピニオンを利用することが後悔の無い治療を受けることに繋がると思います。

では現実にどこの誰に相談したら良いのか、どのように医師を探せば良いのかも分からないと感じられることが多いのではないでしょうか。

さて、現実的にセカンドオピニオンをうけるための医師探しですが、知識のない私どもでは本当に何を手掛かりに探していくのか見当もつかない思いにとらわれます。
インターネットで‘セカンドオピニオン’で検索すると、各種医師の団体などがネットワークを作り推進していることなどがなどでも伺えます。このこともセカンドオピニオンが普及しつつあることを教えてくれますし、情報化社会の恩恵を感じることができます。

私ども保険に関わる仕事をしていて知るのは、保険会社の医療保険に付帯サービスでセカンドオピニオン提供が始まっているということです。この付帯サービスで、アリコジャパンの医療保険・ガン保険が飛躍的に契約件数が増えているようです。いかに、医療に対して不安も強くより良い情報を得たいと思う方が多いかを実証しているようにも思われます。

弊社インスイレヴンの扱っている保険会社でセカンドオピニオン提供サービスをご案内します。
商品選びの一助になれば幸いです。
・アリコジャパンの医療保険・ガン保険等  …提供機関は、ティーペック株式会社
・AIU保険会社の医療保険・ガン保険、企業用メディカル総合保険 …提供機関は、ティーペック株式会社
・アフラックのがん保険 …提供機関は、株式会社法研(がん治療のみ対象)
(※保険会社の商品名は通称です)

ティーペックや法研のサービスは、必要に応じて、優秀専門医の紹介もしてくれます。
そこが、病院めぐりで良い治療を探すことより大きな利点です。
(各保険会社のホームページ等で詳しく案内されています)


私ごとですが、私も胃の開腹手術をうけたことがあるのですが、治療には不安がついてきます。本当にこの治療法で良いのか等々…。
私の場合は結果的に術後は良好でしたので問題は無かったのですが、医療機関選びに失敗したと思っていらっしゃる場合のお話を聞くにつけ、満足のいくより良い治療をうけることが、その後の人生に、ご本人だけでなくご家族などにもおおきな影響をもたらすものであることと痛感いたします。

セカンドオピニオン等を活用して元気で長生きされることの一助にしていただければ幸甚です。
(2009.12.19sawano記)


スポンサーサイト
入院時や治療の諸費用の準備は、‘貯金’がよいか‘保険’が良いか
現在、医療保険(入院時の保険)は、多くの保険会社から各種のものが販売されています。
高齢化社会となり、病気やケガの入院時の不安、さらに先進医療の高額治療費の負担(がんの重粒子治療には約300万円の費用)が相まって、生命保険会社からバラエティに富んだ医療保険が販売されています。

多くの医療保険は、掛け捨て型です。そこで私は、保険を販売する立場でありながら、その保険料を貯金した方が得なのではないかと思ってしまうこともあります。特に高齢者の場合は保険料が高いためそのように思うことも多くありました。

しかし、あるお客様から次のような指摘を受けました。

『‘貯金’というものは、減ってしまうことを恐れる心理が働きます。自分の意思でお金を使える場合でもその心理は多少あると思うのですが、特に自分で意思表示ができなくなるような重病や生死をさまようようなことがあれば、家族や親戚に方に自分のお金の使い方を任せざるを得なくなる場合には、自分でお金をコントロールすることもできなくなります。
最近、周囲の者がお金に欲が出てしまい、お金が減ってしまうことを嫌がり、十分な治療を受けずに亡くなられた方の身近にありました。十分に貯金が有ったにも関わらずです。

‘保険’の場合には、保険金をたくさん貰おうとの心理が働くため、保険の給付があるのであれば治療を続けようとするのではないかと思えるし、周囲にも負担をかけなくて済む。
そのため、自分は可能な限り医療保険をたくさん加入しておくのです。
保険料の支払より、保険からの給付が少なくなることが多くあると思いますが、それでも病気の際に、納得できる治療を受けられれば、その保険料は有益な費用と思えます。
その為にも保険の営業マンはもっと頑張ってください。・・・』と。

私にとって目からウロコが落ちるようでした。
保険のニーズは人それぞれですが、本当に万一の場合にその人に必要なプランを勧めることの必要性と意義を深く感じた次第です。
皆さんは如何考えられますか。



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。