企業の保険~日々のコンサルティングから~
企業保険を中心に、保険の役割や必要性などを再発見できる情報を取り上げてゆきます。 保険代理店 インスイレヴン株式会社より発信します。
プロフィール

INS11

Author:INS11
保険代理店 インスイレヴン のブロクへようこそ
ブロク担当のsawanoです。
弊社プログにアクセスいただきありがとうございます。

インスイレヴン株式会社
〒110-0005 
台東区上野3-14-5 ヴェルコ黒門4F
■保険ご依頼やご意見お問い合わせはこちらまで
TEL 03-3836-3600
FAX 03-3836-3770
インス イレヴン株式会社

月カレンダー

05 | 2013/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本日の日付

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラフティングと保険
1ヶ月程前ですが、水上温泉で、ラフティングを高校時代の同級生達としてきました。
ご存知の方も多いかと思いますが、ウエットスーツを着てライフジャケットを装着し、利根川の急流をゴムボートで下るのですが、結構スリルもあり、各ボートのリーダーのトークも面白く、今回は2回目でしたが何度やっても少年のように楽しめます。

ラフティング施設でまずは着替えをしたり、注意事項のレクチャーを受けたりするのですが、そこで、まず住所・氏名・生年月日・緊急連絡先を記載するようになっています。その記入用紙に、緊急時対応と保険加入の為のものでもある旨の記載もありました。
保険を業務としている自分としては、これは「行事参加者用の傷害保険」と「施設管理者賠償責任保険」のためのものであると気づきました。
これらの保険は、生命保険のように、被保険者個々に加入するものではなく、参加者の人数によって保険を設定するものですが、参加者を特定する必要がありますので、そのための氏名等の報告でもあります。

「行事参加者用の傷害保険」は参加者がラフティング中に死傷をした場合に、入院や通院さらに死亡した場合に、設定した保険金額を保障するものです。
「施設管理者賠償責任保険」は、ラフティング中の参加者の死傷が、ラフティング運営会社の管理責任による場合に、損害賠償金をお支払いするものです。

不特定の人を集める行為にはどのような事故があるか判りません。想定外のことも起こりえます。

そのため、コンサートや各種イベント、パーティで多くの人を集めて運営される行事の際に設定する保険です。
(2013.6.21 sawano)

スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。