FC2ブログ
企業の保険~日々のコンサルティングから~
企業保険を中心に、保険の役割や必要性などを再発見できる情報を取り上げてゆきます。 保険代理店 インスイレヴン株式会社より発信します。
プロフィール

INS11

Author:INS11
保険代理店 インスイレヴン のブロクへようこそ
ブロク担当のsawanoです。
弊社プログにアクセスいただきありがとうございます。

インスイレヴン株式会社
〒110-0005 
台東区上野3-14-5 ヴェルコ黒門4F
■保険ご依頼やご意見お問い合わせはこちらまで
TEL 03-3836-3600
FAX 03-3836-3770
インス イレヴン株式会社

月カレンダー

07 | 2014/08 | 09
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

本日の日付

天気予報


-天気予報コム- -FC2-

リンク

このブログをリンクに追加する

検索フォーム

RSSリンクの表示

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

ブログランキング

人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 その他生活ブログへ
 
ブログランキング・にほんブログ村へ

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

火災保険で補償する‘不測かつ突発的事故’とは
昨今の火災保険は、建物・家財・設備什器などの財物を総合的に補償する内容となっています。そのため保険商品名も、‘ホームライフ総合保険’‘住まいの保険’‘企業財産保険’などの名称がつけられています。

補償するリスクは一般的には下記のものです(この中から補償を選びます)。
①火災、落雷、破裂・爆発
②暴風雨・風災・ひょう災・雪災
③水災(雨による洪水や土砂崩れによる損害を指します)
④物体の落下、飛来、衝突、労働争議にともなう破壊行為
⑤給排水設備に生じた事故や他戸室からの事故にともなう水漏れによる損害
⑥盗難
⑦不測かつ突発的事故
その他に、電気的機械的事故を補償する契約もあります。

この中で ①~⑥に該当しない‘⑦不測かつ突発的事故’が具体的にどのような事例が対象になるかの質問を多くいただきますので事例の一部をまとめました。

<建物に対する損害の事例>
・落書きされた。
・気温の寒暖差により窓ガラスが割れた。
・家財搬入や搬出時や移動中、床・壁やガラスを傷つけた。
・不測かつ突発的事故と認定できる雨漏り。          等々

<家財に対する損害の事例>
・テレビを移動中、落として壊した。
・不測かつ突発的事故と認定できる雨漏りにより損害。     等々

リスクを想定できない事案でも、‘不測かつ突発的事故’と認定された場合に保険支払対象となります(お支払できない事項に該当する場合は対象外)。
僅かな追加保険料で補償できる範囲が拡大しますので、おすすめしています。

※上記はあくまで参考事例とてあげたものです。
個別の事故は、各保険会社の保険約款によって、有責・無責は判断されます。
保険加入は各保険会社、代理店に確認のうえご契約ください。
(2014.8.27sawano)



スポンサーサイト


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。